空き家問題と相続

空き家問題とは、ほぼ相続を起因として発生しています

相続人は既に家をお持ちになり、実家に帰らなくなった、、『いずれ何とかしよう』『今度集まって改めて話し合おう』となり、大抵の場合は解決の糸口も見出す事ができぬまま実家は空き家となります。

田原本町にある空き家もその様な理由が多いのではないでしょうか?

田原本町の空き家のご相談をたくさんお受けしてきましたが、ご相談者である相続人は既に家を購入し、『実家をどうすれば良いのか?』というご相談が多かったと記憶しています。

実家問題と空き家問題は『いずれ何とかするから大丈夫』と安易に捉えていては取り返しのつかない問題へと発展してしまいます。家族皆が元気な時にこそしっかりと話し合う事が必要不可欠です。

相続問題が複雑に絡み解決の糸口が見えない状況でも、ひとつひとつ丁寧に紐解けば大丈夫です。

問題の起点となる『放ったらかし』は、後々家族で顔を合わせるたびに、『実家はどうする?』『固定資産税だけ取られる負の遺産をどうしていくのか?』という様な言い争いに発展する事も有り得ます。

相続から始まる空き家問題は是非専門家にお任せください。

奈良県、遺品整理、墓じまい、相続

遺品整理、墓じまい、住宅、空き家問題、相続等々のお役に立つ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000