失敗しない遺言

遺言を残すことは相続対策に効果的です。又、遺言が持つ法的効力は圧倒的です。効力が強い分、作成、保管には細心の注意が必要です。

例えば、遺言がお仏壇から出てきたら、本当に故人が自筆したものなのか?記載された日付より新しい遺言は存在しないのか?等々信憑性が疑われます。

むしろ疑わないと偽造された遺言であってもその遺言から遺産分割は始まります。

遺言による故人の意思の尊重と相続人への然るべき相続を成し遂げるのであれば、公証人関与のもと、信頼性を確実なものにするため、公正証書遺言を作成しておくことが重要です。

奈良県、遺品整理、墓じまい、相続

遺品整理、墓じまい、住宅、空き家問題、相続等々のお役に立つ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000