相続放棄と生命保険

相続人の中には、遺産を放棄する方もいらっしゃると思います。

どのような方かと言いますと。。。 

負の遺産を相続される方です。相続財産の中には故人の負債(借金)も含まれます。負債の相続を避ける方法に相続放棄がございます。相続放棄をすれば負債(借金)がいくらあっても返済の責務はなくなります。

放棄すれば負債(借金)がなくなるのであれば放棄すれば良いとお考えになるのですが、相続放棄は預貯金をはじめ現在お住まいの住宅、有価証券等価値のある財産も放棄せざるを得なくなります。遺族の今後の生活に必要な現預金も相続できず、現在お住まいの住宅から追い出されてしまうこともあり得ます。

つまり、簡単に相続放棄はできません。放棄するのであれば、価値のある財産も全て放棄する覚悟が必要です。さらに相続放棄の決定は被相続人の死後3ヶ月以内と熟考もできません。

しかしながら相続放棄をしても唯一手元に現金を残す方法がございます。

生命保険の活用です。生命保険の受取人は必ず生命保険金を受け取ることができます。受取人固有の財産として民法に定められています。生命保険で生前に対策を打っておけば、相続放棄をしたとしても遺族は現金を受け取ることができます。

奈良県、遺品整理、墓じまい、相続

遺品整理、墓じまい、住宅、空き家問題、相続等々のお役に立つ情報をお伝えします。

0コメント

  • 1000 / 1000