空き家

相続で起こることで必ずと言っていいほど問題視されるのは故人が住んでいた住宅です。配偶者、お子様がその後も住んでいるのであれば問題ないのですが、相続人ご自身で住宅を購入済みであれば、相続した実家は空き家、もしくは将来的には空き家になってしまいます。又、争族せず、実家を相続するためには他の相続人に対する代償金のご準備も必要です。何も対策せず「そのまま放ったらかし」にしておくと必ず処分に困る空き家が発生してしまいます。

先ずは何をすべきか。相続が起こったら速やかに所有者名義の変更をして所有権を明確にし、売却、利活用等に備えることが大切です。