相続

今まで仲が良かった兄弟でさえ、仲違いをさせてしまうのが遺産分割から始まる『相続』です。

揉めずに遺産を分割するには『遺言』の存在が必要不可欠です。遺言であれば、何よりも故人の意思が尊重されます。遺言が無いとなると、相続人は自身の都合を押し付けてしまい、少しずつわだかまりが生まれてしまいます。

さらに、このようなケースも。兄と弟が相続人である場合、実家は長男が相続し、次男は現金を相続。このように現金が手元にあれば公平に遺産分割ができますが、もし現金がなければどうでしょうか。次男は長男の実家相続に納得するでしょうか。仮に次男が納得しても次男の妻は黙っていることはできるでしょうか。実は遺産分割を拗らせるひとつの要因は第3者の存在が原因でもあると言われています。遺産分割が円滑に進まない時は残念ながら、遺産分割協議となり、さらには双方弁護士を立て裁判に発展してしまうことにもあり得ます。